2007年04月24日

飛び交う津波のデマ ?

「25日に津波が来る」とのうわさが出回っている。
「ユタがそう言っているらしいよ」とまことしやかに語られており、
「そんなのデマだよ」と打ち消す側にも根拠がない。
うわさだけが一人歩きしているようだが、備えあれば憂いなし。
日ごろから防災を意識することに越したことはない。
                             八重山毎日新聞

明和大津波遭難者慰霊祭
1771年4月24日 午前8時頃 石垣島南南東沖40キロで起きた M7.4大地震。
宮良村で海抜85.4メートル、白保村で60メートル、
大浜村で44.2メートル、伊原間で32.7メートル、
平得村で26メートル、登野城村で12.2メートル、
新川村で8.2メートルの波高を記録し、島の四か所で波が横断した。
八重山・宮古 合わせて 1万1861人の犠牲者を出した。

ユタの噂は り〜か〜も友達も聞いた。
でも 20日に地震が来て 50cmだが 津波が来た。
1771年4月24日 同じような時期に 大津波が来ている。
この時も ユタが予言したと聞いている。

り〜か〜の家のベランダからは 海が見える。
海はそぐそこにある。
地震発生から 津波が来るまで 6分と言われている。
高台に逃げるか 高い建物に逃げるか?
防災グッツを作って 非難するシュミレーションを考えなくては・・・

ニックネーム り〜か〜 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント