2006年03月31日

浜下り(ハマウリ)(旧3/3)

pb-kouki2.jpg
女の子の節句。
海辺の白砂は清浄なもので 
それを踏むことにより汚れを清めるという民間信仰があり、
その日はお重を持って砂浜に下り、潮干狩りなどをして楽しく遊びます。
浜下りの重詰料理は三月御重(サングヮチウジュー)と呼びます。
それは かわいらしいお重です。
食紅などで色鮮やかにした花イカ・かまぼこ・白身魚のてんぷらなど
海の幸とこう菓子、赤飯にぎり、よもぎ餅、
三月菓子(サングヮチクヮーシ)(サーターアンダギーの長方形版)など 
4つの重を作ります。

この行事にはアカマタ伝説という由来があります。
昔、あるところに非常に美しい娘が住んでいました。
その娘のもとに夜な夜な美男が忍び込んでくるようになり、
娘はとうとう身ごもってしまいました。
美青年がのちにアカマター(蛇の一種)だったことを知った娘は母親に相談します。
すると母親は
「3月3日にフーチ餅(よもぎ餅)を作って浜に下り、
塩水を3度かぶりなさい」と娘に助言をしました。
娘が母親の言うに通りにやってみると、たちまち陣痛をおこし、
子どもを流産し、また元の美しい身体に戻りました。
と言う伝説があるそうです。
少し 怖い話ですね モバQ
hama.jpg



ニックネーム り〜か〜 at 00:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
伝説は、美談なのかと思いきや・・・かなりグロテスクですね。
流れた子供が、可哀相な感じがするのは、番チョーだけでしょうか?
Posted by fuku(番チョー) at 2006年03月31日 19:16
★番チョーへ★
しかし、蛇の子なので どうなんでしょう!?
いろいろ調べていたら こんな伝説が出て来た。
健康を祈り、汚れた身を清め、又海水をいただいてきてお家を清める
という事しか知らなかったので、この伝説はビックリ。

Posted by り〜か〜 at 2006年04月01日 08:12
今日も海行ってきましたよ〜。
でも、朝一の満潮時に。

そんな伝説があったとは知りませんでした。
り〜か〜さん、沖縄の年中行事に詳しいっすね。
Posted by とわこ at 2006年04月01日 21:32
★とわちゃんへ★
今日は 暖かかったから、楽しかったか?
水温はまだ、冷たい???

伝説は知らなかったです。
ちゃんとした理由を知りたくて 調べていたら出て来て ビックリ!!!

沖縄には興味があるから 行事はいろいろ調べてます(^^)
Posted by り〜か〜 at 2006年04月01日 23:57