2007年05月25日

犯罪が多い

<隣家の飼い犬>「鳴き声うるさい」と殺す 長野で書類送検
長野県警諏訪署は23日、隣家の飼い犬を殺したとして、
諏訪市内の無職の男(62)を動物愛護法違反(愛護動物殺傷)と
器物損壊の疑いで、長野地検諏訪支部に書類送検した。
「鳴き声がうるさかったので殺した」と容疑を認めている。
調べによると、男は4月15日午前3時ごろ、
近所に住む自営業の男性(40)が飼っていた犬をおりから連れ出し、
近くの空き地でビニール製のひもで首を絞めて殺した疑い。
翌16日、男性が「犬を盗まれた」と同署に届け出た直後、
男が犬を殺したことを男性に認めた。
犬の死がいは殺した空き地に埋められていた。
殺されたのは9歳の雄のラブラドールレトリバーで、
同署が算定した被害額は5万円。
2人は面識があり、家は100メートルほど離れている。
                                   メモ 毎日新聞

続きを読む

ニックネーム り〜か〜 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする