2007年04月29日

サニンの花 かわいい

sannin.jpg

うるずんの頃に咲くという月桃(方言名・サニン)の白い花が
各地で開花の季節を迎えている。
サニンは用途が広く、観賞用だけでなく、
葉はもちを包むのに使われ、
近年はハーブティーとしても注目されている。
また、キビ畑では赤土流出防止対策として植栽にも利用されている。

fukugi.jpg fukuginohana.jpg

フクギの花が路上を散りばめるように咲くと、梅雨も近いといわれる。


●うりずんとは、沖縄の言葉で「初夏の季節の頃」のことをいい
梅雨を経て長い夏にる前の沖縄で一番爽やかな季節だそうです。
●フクギ(福木)は、幹が丈夫で、真っ直ぐに生え、葉が密で、
風害や塩害に強いので、防風林や、耐火性があるので屋敷林として
用いられる熱帯性の常緑高木です。

小雨 梅雨入りは間近ですね。
今年は 雨が多い年なのかexclamation&question からっ梅雨なのかexclamation&question

deigo6.jpg

デイゴの花も咲き始めました。
沖縄県の県花です。
4月〜5月頃に咲き、沖縄では、デイゴの花が咲くと、初夏だと言われています。
インドか東南アジアが原産とされており、熱帯、亜熱帯に広く分布してるそうです。
英語では Coral tree と言われています。
薬効としては、葉や樹皮を乾燥させた物が腹痛や下痢などに効果があると言われています。
琉球漆器は、この木を素材にして作られている様ですし、
その他加工がしやすい為に、各種工芸品にも使われている様です。
ある唄に、るんるんデイゴの花が咲き、風を呼び嵐がきたるんるん
言った様な歌詞が有りますが、
この花が咲き乱れた時には、台風の当たり年だという言い伝えもあるそうです。

ニックネーム り〜か〜 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

飛び交う津波のデマ ?

「25日に津波が来る」とのうわさが出回っている。
「ユタがそう言っているらしいよ」とまことしやかに語られており、
「そんなのデマだよ」と打ち消す側にも根拠がない。
うわさだけが一人歩きしているようだが、備えあれば憂いなし。
日ごろから防災を意識することに越したことはない。
                             八重山毎日新聞

明和大津波遭難者慰霊祭
1771年4月24日 午前8時頃 石垣島南南東沖40キロで起きた M7.4大地震。
宮良村で海抜85.4メートル、白保村で60メートル、
大浜村で44.2メートル、伊原間で32.7メートル、
平得村で26メートル、登野城村で12.2メートル、
新川村で8.2メートルの波高を記録し、島の四か所で波が横断した。
八重山・宮古 合わせて 1万1861人の犠牲者を出した。

続きを読む
ニックネーム り〜か〜 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

地震雲 虹

2007_04_21_4629665d048eb.jpg

“地震雲”が出現 石垣島上空
石垣島も震度1の地震を記録した20日、石垣島の上空には虹色をした雲が出現した。
全国では地震が起きる前日などに、奇妙な形をした雲や紫色に染まる空など、
珍しい気象現象が多く確認されている。
地震との関連など、詳しいメカニズムは解明されていないが、
地震を予兆させる『地震雲』などとも呼ばれている。

珍しい雲を目撃した市民は「きれいだけど、なにか不気味な感じがする」と話していた。
                                          八重山毎日新聞

続きを読む
ニックネーム り〜か〜 at 00:00| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

浜下り(ハマウリ) リゾート

sukuji.jpg

今日は 旧暦の3/3 浜下り(ハマウリ)の日ですわーい(嬉しい顔)
女の子の日かわいい
2006年メモの記事をどうぞ Hello

潮日狩りや モズク取りで 干潮時は 人が いっぱいでしたGood


沖縄では女子は浜におりて身を清めるという慣行があり、
海岸は貝をひろう女性や家族づれが集まる。

「浜の白砂を踏むことによって体が清められる」という信仰に基づいており、
旧3月3日だけでなく、なんらかの不吉な知らせがあれば、
いつでも浜下りをして災厄を払うという慣習も地域によっては見られる。
ニックネーム り〜か〜 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

テッポウユリ ぴかぴか(新しい)

2007_04_17_46241b0327012_thumb.jpg

石垣市白保のカラ岳でテッポウユリが満開。
純白の花びらがドライブする人々の目を楽しませている。

カラ岳は野生ユリの自生地で知られ、4月から5月にかけて次々と開花、
カヤに覆われた山すそを彩っている。
自然界では、テッポウユリに続き、これからサニン(月桃)やクチナシなどが花を咲かせ、
うるずんの季節が真っ盛りとなる。
                                            八重山毎日新聞
●カラ岳                            
国道390号線を白保から大里に向う途中に美しい丸坊主の小高い山が見えてきます。
カーラ岳です。通称カラ岳と呼んでいます。
標高136mの山ですが、見渡す限り大きな木々は生えていません。
所々に蘇鉄が見えるぐらいです。
でも昔は木々の生茂る山だったそうです。
裾野は牧草が生茂り、放牧場になっています。
南側にはパイナップル畑があり、その向こうには白保の美しい珊瑚礁の
海が広がっています。
カラ岳と白保の珊瑚礁の海、石垣島東海岸のやさしさと
長閑さを感じさせる風景が広がりっています。
北側 234.jpg  南側 1.jpg

★島の新空港を建設予定なんです。
もしかして カラ岳が 削られるかもしれないと・・・
白保の海も心配・・・
巨大なハマサンゴ群やアオサンゴ群が生育しています。
島の空港の滑走路が短いので 長い滑走路を作るそうなんです。
そうすると 大きな飛行機も降りてくる・・・
メリットもデメリットも多い この計画・・・
ニックネーム り〜か〜 at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

石垣島トライアスロン大会 人影

    2007-4-15.jpg
スイム1・5km バイク40km ラン10km
今年は、過去最高の1400人が出場 目
ワールド大会には男子の部に現在世界ランキング1位の
ブラッド・カーフェルト選手(オーストラリア)を含む79人、
女子の部には世界ランキング1位の
バネッサ・フェルナンデス選手(ポルトガル)を含む75人、
34カ国から男女計154人が出場する。

ニックネーム り〜か〜 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

リュウキュウアカショウビン 小鳥

石垣市吉原の雑木林で8日、
リュウキュウアカショウビン(ブッポウソウ目カワセミ科)が飛来。
           1.jpg
リュウキュウアカショウビンは夏の訪れを告げる渡り鳥で、繁殖のため、
4月中旬ごろに東南アジアなどから沖縄へやってくる。
「コッカロロロー」という鳴き声と鮮やかな赤い羽の色が特徴で、
野鳥ファンだけでなく多くの人に愛されている。
                              八重山毎日新聞

実際に 目 見ると すごくキレイで 変な ? 鳴きかたをします わーい(嬉しい顔)
八重山は 珍しい 野鳥や虫がいます。
ニックネーム り〜か〜 at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする